歯のホワイトニングで顔の印象が変わる!

MENU

歯のホワイトニングの費用

 

 

歯のホワイトニングを歯医者さんで行う場合、違和感のない綺麗な白い歯になる上に、持続性もあり副作用が少ないものです。
そのため、歯の黄ばみで悩んでいる方は是非ともやっておきたいものでしょう。
とはいうものの、なかなか歯医者さんでは行わず自分で歯磨きやホワイトニンググッズを用いたり、海外製のホワイトニング剤を用いたりするものです。

 

まだ効果がないならいいですが、歯は失敗が許されないもので、自分で行う事でのリスクはかなりあるものです。そんなリスクも分かりつつもなかなか歯医者さんでのホワイトニングをおこなわないのは、やはり費用面で気になるからというのが一般的です。
では、歯医者さんでの歯のホワイトニング費用はどれくらいかかるものなのでしょうか。

 

 

 

 

歯医者で行う治療に関しては保険が適用となるのですが、歯のホワイトニングは病気の治療ではありませんので、
保険の対象外となってしまいます。ですので、比較的高額になってしまうのはやむをえません。
また自由診療となっているためいくらというのは一概には言えません。またプランも異なるので相場も判断しづらいのですが、たいていは1本あたり2,000円〜3,000円くらいとなります。
とはいえ、たいていは1本だけ黄ばんでいるということはありませんし、1本だけ白くなれば不自然ですので、全歯、もしくは見える前歯の部分だけ施術するという事になります。
仮に全歯となれば28本ですから50,000〜80,000円位、前歯だけで12本と考えれば20,000〜40,000円といったところでしょう。ただ、それにホームホワイトニングのためのマウスピースなどを利用する事にすれば、プラス20,000〜30,000円ほどかかるかもしれません。

 

しかしそんな高額な費用はかけられないという方のほうが多く、
手軽なホワイトニンググッズは人気があります。
そこで、効果があり安心して使えるおすすめホワイトニング商品を集めてみました。
自宅で簡単にケア出来ます!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホームホワイトニングおすすめランキング

パールホワイトプロEXプラス

 

パールホワイトPROEX

 

 

 

有名タレントも多数愛用のホームホワイトニング「パールホワイト」
雑誌やテレビでも話題のホワイトニング!
歯が白くなるだけでなく虫歯予防としても効果的です!
歯の「黄ばみ・黒ずみ・ヤニ・歯垢・口臭」が気になる方にオススメ♪

ポリリンEX

 

リジェンティスのオーラルケア

 

/td>

 

世界が認めたホワイトニング!特許成分「分割ポリリン酸」を配合
ホワイトニングはもちろん、「歯周病」「口臭「虫歯」予防にもおすすめ♪
テレビショッピングなどの販売で累計100万セットの販売実績!!
通販のみの販売です!
これはゼッタイお試しあれ!

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

 

 

薬用だから安心のちゅらトゥースホワイト!
お金や時間でクリニックのホワイトニングを諦めた人に試して欲しい!!
歯を傷つけず着色汚れを浮かせて分解するから、白くする+むし歯予防
そのうえビタミンC配合で歯ぐきも健康なピンク色♪

薬用トゥースメディカルホワイト

 

トゥース

 

 

歯科医もオススメの薬用トゥースメディカルホワイト
歯の汚れは見た目だけでなく、臭いや虫歯、歯周病のもとにもなります。
ウルトラメタリン酸EX高配合で汚れをはがし、エナメル質をコーティングします!
毎日のハミガキを変えるだけで驚きの白さ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯のホワイトニングは1回で完了するのか?

 

 

歯のホワイトニングを歯医者さんでする場合のデメリットとも言えるのが、やはり歯医者に行かないといけないという点にあります。近くにホワイトニングを行っている歯科がなければ、わざわざ遠くまで行かなければいけないでしょう。ただ、それも1回で歯が希望通り白くなるのであれば、それでもいいかもしれません。

 

 

 

では歯のホワイトニングは1回で完了するのか、というと、これは一概には言えません。それは施術方法にもよりますし、歯の黄ばみの状態、また希望する歯の白さによっても変わってくるからです。歯医者で施術をおこなう場合、まずは自分の歯の色のトーンをチェックします。それは、1回の施術で自分の歯がどれくらいまで白くなるかの目安にもなるからです。一般的に歯医者で行うホワイトニングは
1回の施術で1〜2トーンほどアップします。もしそれほど黄ばみが酷くない状態であれば、1回の施術で充分な白さになる事もあります。

 

 

 

 

ただ、歯のホワイトニングをするという事は、ある程度黄ばみが酷くなっている、もしくはより白くしたいからでしょうから、たいていは1回の施術だけでは納得するほどの白さにはならないかもしれません。せめて
3回くらい(3〜6トーンのアップ)はしないと、白くなったとは感じないかもしれないのです。もちろん、回数が増えれば費用もよりかかってしまいます。中には、お金がないから1回だけのつもりで考えている方もいるかもしれませんが、満足しない事が多いので、まずは3回くらいやるつもりでいましょう。

 

 

 

歯のホワイトニンググッズを用いる

 

 

歯を白くするには、一番いい方法は歯医者に行って歯石の除去、クリーニング、ホワイトニングをしてもらう方法です。ですが、やはりそれだと歯医者に通わないといけませんし、費用面でも心配です。自宅で気軽に歯を白くできるものがあればいいな、と思うのは誰でも同じではないでしょうか。

 

 

実は歯を白くするホワイトニンググッズは最近ドラッグストアなどでも見かける事が多くなってきています。そのいくつかを紹介します。

 

 

 

 

 

 

まずはホワイトニングペンです。
まさにペン型ですので、気になる部位にペンで塗るだけという非常に簡単で使いやすい方法です。
ただ、日本で市販されているものだと海外製のように歯の内部から白くするという成分は認められておりません。
そのため歯の表面を漂白するためのものです。
ですので、思ったほどの効果は期待できません。

 

 

また、使われている漂白剤は亜鉛酸ナトリウムであり、日本では認可が下りているものの外国では認可されていないところもあります。日本では無害という判断ですが、海外ではそうではないということです。

 

 

また、歯の消しゴムというグッズもあります。
これもペン型をしているのがほとんどで歯磨きでは落としきれない汚れをこれで除去して歯を白く見せるというものです。
簡単ではいいのですが、これは歯を削っている事と同じですので、やりすぎてしまうと後々黄ばみが出てしまう危険性もあります。
このように、いろいろなグッズが安価で購入できるのですが、あまり効果がない、デメリットもあるので、それを理解した上で利用しないといけません。

 

 

 

 

 

 

ちょっと前には「芸能人は歯が命」というフレーズのCMが話題になりましたし、松田聖子のビビビ婚では、それまでは聞き慣れなかった審美歯科医との結婚も話題となりました(2年ほどで離婚しましたが…)。それからというもの、一般人にも歯を白くするという意識が広まってきたと言えるでしょう。実際、それまでは歯科医というと虫歯の治療や矯正などをおこなうところというイメージが強かったのですが、最近では歯を白くするための審美歯科なども急増してきています。自分の歯を見ても分かりますし、他人の歯もよく見てみると黄ばんでいる方も少なくありません。歯が黄ばんでいる方と白い歯の方を比較した場合、やはり白い歯の方のほうが清潔感があるように思え、黄ばみがある方は歯磨きをちゃんとしているのかな、と思ったりするものです。実際、歯が黄ばんで見えるのは、もともとの遺伝によるものもありますし、当然歯磨きをあまりしないために黄ばんでいる場合もあります。そして、加齢も黄ばみの原因となっているので、一概に歯磨き不足という訳ではないのです。それでもやはり黄ばんでいる歯は不衛生に見られてしまいがちです。歯を白くする方法としては今は自宅でできるホワイトニンググッズなどもあり、歯医者に行かなくてもホワイトニングできる方法もあります。とはいえ、その効果はそれほど高いわけではありません。それどころかやり方を間違えると、白くなるどころか逆に黄ばみがつきやすい歯になってしまう恐れもあるのです。また、白くなったとしても、色が不自然で綺麗には見えない事も多いのです。そのため、より綺麗に歯を白くしたいのであれば、やはり専門の歯科に行ってホワイトニングしてもらうといいでしょう。ホワイトニングといってもいろいろな方法がありますし、歯科医院によっても実績も違うでしょう。あまりなれていない所だと、費用が高い割に綺麗にならない、なんてこともあります。またホワイトニングは1回だけで綺麗にならない場合もあり、定期的に通う必要があります。ですので、そういった面も加味して歯科選びをしないといけないでしょう。